ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy《 前編 》

2016年のブログで書いたこの本。
あれから2年経ってますが、まだブログに感想をあげていませんでした。 

librarian-kinu.hatenablog.com

いい本だったんだよ…
いい本だったからメモが多くてブログにできなかったんだよ…
「コトバにできない」ってやつだよ…

せっかくなので本日ご紹介します。

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)
 

内容はこんな感じ。 

お笑い芸人、そしてIT企業の役員として大活躍中の、厚切りジェイソン
Twitterに寄せられた数々の悩みに、真摯に答えた内容が話題を呼び、 フォロワー数は瞬く間に、なんと、23万人を突破!
人々をひきつけるSNS上の彼の言葉を抜粋し、 さらにその解説をまとめた、厚切りジェイソン初の書籍です。

「なぜ勉強する必要があるの?」
「努力は必ず報われるの?」
「正直に生きてきたけど、ずるがしこさも必要?」
など、日常の様々な疑問に対し、一刀両断で、厚切りジェイソンが回答。

日本人には、まさに目から鱗が落ちるポジティブな生き方や考え方に、明日へのヒントがもらえるはず!

すっごい簡単に内容をまとめると、
厚切りジェイソン先生のお悩み相談室 です。
うん、綺麗にまとまった。

キヌが読んで思ったのは、
厚切りジェイソン先生がとってもアメリカ人っぽいなということ笑
ポジティブでスマートでアクティブ。
んで、(仕事でもプライベートでも!ここ大事!)がんがんPDCAサイクルを回して、どんどん夢を叶えていく。
彼らを見ていると、ほんとに同じ時間生きてるのかなって思うもんね。

回答ももれなく、ポジティブでスマートでアクティブです。
キヌが好きなのをいくつかご紹介しますね(o´罒`o)
せっかくだからお悩み事に分けよっかな。

① 仕事

入社する会社の決め方
(会社は)初任給よりも、成長できるスピードで決める。

会社を見極めるためには、それぞれの会社で1年前に入社した人が今、どんな仕事を任されているかを比べてみて。
あなたもその会社に入ったら1年でそのくらいの仕事を任されるようになるということだから。
その仕事が、すでにできるようなものであったり、すでに持っているスキルが得られるようなものであるなら、その会社に入ってもあまり意味がないよね。
同じ1年でも、より成長できる会社を選ぶのがベスト。
ほかにも、その会社に実力のある幹部や尊敬できる先輩がいたり、自分が困ったときに相談できる相手がいることも重要だよ。
自分の頑張りも大事だけど、まわりの環境も大事だからね。

先輩が尊敬できない
尊敬できない人の下で働いていると、自分が腐っていくだけ。先輩を見て、「あの人はずるをしているから成功したんだ」と思っているのなら、それは嫉妬だよ。他人と比較しているから、自分を不満に思う。自分の生き方に満足していれば、まわりがずるく生きていようが、どうでもいいんだ。

生意気な後輩との付き合い方
先に入ったからといっても、よりできるとは限らない。
敬意を得るべきなのは時間ではなく実力のみ。
日本の上下関係がおかしい。
仕事ができる人に対しては、入った時期なんて関係なく尊敬するよ。
後輩をどうにかするより、まず自分をなんとかしろよ。
尊敬してもらいたければ、何かやれ!

(アメリカでは常に人と比べるのではなく)
自己ベストの更新を優先する。
自分との戦いなんだ。
やる意味のないことを続けていても、意味がないよ。
未来のなりたい自分のために、今何が必要か選ぶんだ。

日本人はみんな、機械として扱われているように見えるね。
情報を保っている器にすぎない。
でも今の時代、インターネットがあるからすぐ調べられる。
情報を記憶したところで、インターネットのなかにある情報量には絶対に適わない。
人類のすべての知識が、インターネットというポケットに入っている。
それを動使うのかがわからないと、知識はあってもなくても同じ。
知識だけ頭に入れても、メリットはないんだ。

ストレスへの対処法
「日本人はストレスを実感しようとしている」ということ。
でも、いらないでしょ?
どうにもならないことは運命に任せて、自分ができることをしっかりやれば、なんとかなる。
ならないとしても、それでストレスを感じようが感じまいが、結果は同じなんだから。
時間も、お金も、エナジーも、使える量は限られている。
人ができることは、それをどう割り当てるのかを考えるだけ。
他人をねたむことに消費していたら、ほかの大事な事ができなくなるよ。

決断の仕方
僕は「どっちでもいい」は使わない。
「どうでもいい」を使う。
自分に全く関係のないことなら、本当にどうでもいいから。
重要な決断なのであれば、放棄するのは無責任だよ。
考えるべきことは、きちんと自分で考えて答えを出そう。
面倒くさくなって「どっちでもいい」という言葉で考える事から逃げていたら、将来を見据えることすらできなくなってしまう。自分でものごとを考えられるようになること。
自分で決断できるようになり、何がしたいかを考え、なぜそれがしたいのか、何をすればうまくいくようになるのかを考える。

僕が一緒にて一番嫌なのは、なんの意見も言わない人。
だっていてもいなくても変わらないもの。
何も言えない=何も考えていない。

 

② 夢の叶え方

夢を追って失敗したらと思うと怖くなります
僕は失敗しても貴重な経験を身につけ、次を考える。
一回失敗したぐらいで世は止まりはしない。死ぬ直前に「無難に生きてきてよかったな」と言う人は聞いたことがない。(老人ホーム務めの人のレポートでは)死ぬ直前の人が後悔したことで一番多かったのは「もっと自分のために生きれば良かった」だそう。夢が完璧に実現できなくても、それは失敗じゃないよ。
いろいろ気づくし、その経験を生かして別の事ができる。
唯一の失敗はやらないこと、もしくはあきらめることだ。 

養う家族がいたら失敗できない
最低限の生活費を確保したあとに、まだいろいろ試せることがあるはず、やろうと思えば。
けっこう頑張らないといけないけど。
言い訳にすぎない。
夜、飲み会に行っているんだったら、スマホでゲームをやっているのなら、その時間はほかのことに使えるよね。
いつだって自分の使える時間はある。
その使い方は自分で考えなくちゃいけないんだ。
たとえば小説家になりたい人は、ただただ書けば良い。
でも「会社を辞めたら家族を食べさせていけないから、小説を書けない」と言う。
まずは仕事を終えて家に帰ってから夜、書けばいいじゃん。
ただ書かないだけだろ。
週末は僕の時間だ。自分の好きなように使う。

1日が24時間じゃ足りない
その制限があることを前提で、どう使うかを考えたほうがラク。
よって、焦らなくていい。
その制限があるから、それ以上できない。
足りないとか考えちゃダメ。
「やらないこと」を決める。

芸能界に入りたいから、東京の大学に進学したい
今、いるところから夢のために何かができるはず(自習でも)。
永遠に次の「何か」を待っている。
「○○したら夢を追いかける」という人は東京に来るのを待つ必要はない。
今いる状況のなかで何ができるか考えて、すぐ始めたらいいんだ。
現在の環境に必要なものがあるかどうかで、やりたいことを決めなくていいんだ。
何もなくても、行動はできるはずだよ。
「会社を始めたい」と言ったまま行動に移さない人、まずは何か作ってみろよ。
夜の1時間を使えば、何かつくり出せるよ。
「完璧な状況が整ってから、始めてみます」と考えていても、完璧な状況が整うタイミングはこないよ。
ほとんどの人は、これを言い訳にして動き出さない。
「あれがそろってない」「これが近くにない」と言って何も始めない。
その考えをやめるんだ!
動き出せば、ある意味その過程が実験結果にもなるんだから。
一部分を変えてまた試せる。
軌道修正のほうが簡単なんだ。

本業は?
僕はよく「どっちが本業ですか?」と聞かれるけど、「本業」って変な言葉。
それって、もう片方は副業ってことだよね。
僕はどっちが“本”でどっちが“副”かなんて、考えない。
ただ、会社と芸人をやっているジェイソン、それだけ。
(お笑いの)クラスメイトには、耳鼻科の院長もいたよ。
キャバクラ嬢とコンビを組んで、漫才をやっている。
一つのことしかやっていないと、待ち時間みたいなムダな時間が出てくるけれど、二つの仕事があるとその時間をもう一つの仕事に効率よく当てられる。
「本業」を決めてしまうことで、無理やりメインを決めてしまうことになり、自分の可能性を減らしているんだ。

この
① 仕事
② 夢の叶え方
については、かなりキツイ意見も書いてあります。
ぐうの音も出ない正論って、逃げ場がなくてキツイよね。
心理的なコンディションにもよるけど。

僕のところにくる相談のほとんどが、「○○ができないけどどうしたらいい?」というもの。
これはね、「できない」んじゃない、「やらない」んだ。
自分の意志で、そうしないことを選んでいるだけ。
「できない」じゃなくて「やらない」パターン。
苦手だからって、避けてどうする!
やれよ!!
「できないから、やりたくないな」は怠け者の考え方だよ。

「やりたい」と言っているのに口だけの人は、本当はやりたくない人。
「やせたいな」と言いながら運動しない、それはもうやせたくないんだよ。
まずはアクションを起こすことだね。
自分で「これがほしい」と決めているのに、不安に感じてもしょうがないだろ。
ほしいのならば自信を持とうよ。
自分がいいと思えば、ラクになるだろうに。

努力を継続させるために必要なことは?
ただただやれよ。なんで続けようとしないの?
継続すること。みんな毎日、歯を磨くよね。
それ、継続してるよね。
歯磨きはできるのに、なぜほかのことは継続できないのか、わからない。
みんな、目標といい努力といい、自分の中で大きな壁をつくりすぎているんだ。
壁は低くていいんだ。
自分が飛び越えられる壁の高さにすればいい。
高い壁を見上げているだけじゃ、何も進まない。
低い壁でも毎日飛び越え続けるほうが、成長につながるよ。

なんでも簡単にこなせるようになる方法はある?
こなしたいことを一つ一つ計画的に達成しにいく必要がある。
仮説(こうすればよくなるかな)→ 実験(やってみる)→ 分析(よくなったか)→ 反省(なんでこうなったか)を繰り返す。
そんな魔法ないよ。
すべてのステップが、仮説→実験→分析→反省だよ。
まず、「こうすればああなるかな」の仮説を立てて、やってみる。
結果を見て、どうやら希望通りにはならなかった、じゃあ、どうすればいいのか。
人生のすべては、これの繰り返しじゃないのか。

できる前提で、しかも何度でも挑戦する気持ちと時間があれば、たぶんできるよ。
何かを習得したくて練習したけど、うまくならなかった人は、練習の回数が足りていないだけ。
途中であきらめたから、うまくならなかった。
「失敗した」じゃなくて、回数が足りていなかっただけなんだ。

唯一の失敗は、挑戦しないか、途中であきらめること。
成功するまで繰り返せば、失敗じゃないんだ。 

(頑張ったのに褒めてもらえない)本当に頑張った時、自分で自分を褒めないと。
他人の褒め言葉は意味のないお世辞にすぎない。
最善を尽くした時、本当に頑張ったかどうかは自分しか知らない。
自分で「褒められて伸びるタイプなんです」という人は、そう言い出した瞬間、顔面パンチしちゃうよ(笑)。
褒めないと、伸びないんですか?
自ら頼んで、他人に褒めてもらったところで、そのお世辞に意味はあるの?
努力は他人のためじゃなく、自分のためにするんだ。
そして頑張ったかどうかは、まわりじゃなく自分で決めることだよ。

そのあとにちゃんと、具体的なやり方も書いてあるんだけど笑 

1週間ずついろいろ試してみて、好きなことを見つければいい。

(ウケなかったときは)トライアンドエラー
「ここはウケなかったな」というポイントを修正し、またネタをライブで披露、そして修正を繰り返した。

まずは自分のできることを、少しずつコツコツと。
それがいつか、大きな財産になるよ。

同じドラマを何度も見るのは、日本語の勉強にとてもいいんだ。
もちろん見る時は楽しんでいる。
「勉強のための勉強」は、長続きしないからね。

自分がコントロールする、毎日達成できる、具体的な目標がいい。
毎日連続でやって、その連鎖を壊さなければいつの間にかすごいことになっている。
たとえば毎日10分○○する。
自分ではなく目標が問題かも。
もっと具体的で、実行可能な目標を立てるべき。

時間を短くやりやすいサイズにして、楽しくやればイヤイヤじゃなく続けられる。
僕が日本語を勉強していた時は、好きなことから学ぶようにしていた。
ゲームだったり、お笑いだったり。
毎日自分ができる時間を設定して、勉強することだ。

これを徹底するだけでも、夢との距離が近くなりそう。
キヌも、この本を読んでからこの2つを意識しています。
図星すぎて脇腹を抱えながら笑

ちょっと長くなっちゃったので3つめは明日書きますね。

今までやったことは関係ないよ、今やりたいことがすべて。
新しい挑戦は、いつ始めてもいいんだよ。

自分で考えて、自分の意見を言えて、その意見をちゃんと論理的に説明でき、自ら仮説を立てて、分析ができる人。
途中でへこたれない根性があって、他人の目に惑わされない。
みんながやっていることなんて、やらなくてもいいという人間に。 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

この本を読んでちょっと食べてみたいなと思ったのがこれ。

キヌが求めている味なのかはちょっとわからないのですが。
昔、ピーナッツバターの甘いやつが好きだった記憶が、うっすらとあるんだよね。