ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy《 後編 》

昨日に引き続きこの本です。 

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)
 

昨日も書いたのでアレですが、内容をまとめると
厚切りジェイソン先生のお悩み相談室 です。
内容がかなりの厚切りだったので今日もふるってご紹介します。

今日は ① 仕事 ② 夢の叶え方 に続いて
③ ストレスへの対処法 をご紹介します。

③ ストレスへの対処法

現代人のお悩みって、割とこの4文字に尽きると思うんですよね。

すべてのことから逃げたいし、つらい。何をするべき?
なんでもいい。消費ばっかりしすぎると生きる感覚を忘れてしまう。
何かをつくって、それを世に発信してみて。
このスマホ時代、ただ情報を消費するだけの人が多い。
ほとんどの人が、何も生み出さない。
ずっとテレビを見て、スマホをいじり、時間のムダ遣いをしている。
それじゃ、いてもいなくても同じ。
何かを返さないと。
好きなことをやり、興味のあるものをつくってみてごらん。
それを、どこかにアップしてみなよ。
生きていることの手ごたえになるかもしれないから。 

人付き合いにストレスを感じる
ストレスを感じることなく人と付き合える方法よりも、ストレスを感じながら人と付き合える方法を身につければいい。
できるようになると、ストレスも自動的に減るよ。
「どうしてあの人は、こんなことをするんだろう」ともんもんとする時間を、自分の成長に投資したほうがよっぽど建設的だよね。
あまりにも苦手な人がいたら無視しちゃえばいい。
その人と付き合っている時間がムダでしょう。
それについて考えている時間を、自分を育てる何かに使ったほうが、より充実した人生を送れるはずだから。

人とすぐに仲良くなれない
自分らしく本音で話し合えば自然と仲のいい人をみつけられるよ。
それで仲良くならない人は別にいらない。
仲良くなったかどうかを気にしすぎていない?
仲良くならなかったら、ほかの人と付き合えばいいだけの話し。
人間、すべての人類と友達になれる訳がないんだから、自然と親しくなれる人といればいい。

僕が思う幸せの定義は「自分の人生に満足していること」。
プライベートはもちろん、仕事も含めて、すべてが入った形で自分が満足しているかどうか。
幸せかどうかは他人と比較するんじゃなく、自分自身が満足しているかどうかが大切なんだ。
(FBなどで)他人の幸せそうな姿だけを見て、それと比較して、自分の人生に満足できなくなっていく。
それってすごくもったいない。

僕は、後悔している時間がムダだと感じているから、しない。
後悔と反省は違うからね。

 

嫌なことはすべて、忘れるようにしているから。
「最近、嫌だったことは?」と聞かれても、何も思い浮かばない。
記憶からさっさと消去だよ。

特に刺さったのはここかなあ。 

「嫌だな」の朝の多い人生はもったいない。
朝からわくわくしたい。
「今日は嫌だな」で始まる日が続いていたら、多いんですよ、朝から「眠い」「しんどい」「行きたくない」と言っている人。
じゃあ、やめろ!
もっと今日という1日にふさわしい、やるべきことがあるんじゃない?
人生のほとんどを文句に費やしていたら、もったいないと思うんだ。
幸せになるのは自分の責任。
それに気づくといろいろラクになる。
今日も笑っていこう。

この本を読み返したからというわけではないけれど。
今年は特に、自分が笑顔でいられることを徹底しようと思っています。  

毎日、そんなに真面目に考えすぎないで、今日も笑おうと考える。
だから僕、毎日楽しいよ。

(人生なんて)一瞬で終わるから、やりたいことをやれ。
他人の世界で時間をすごすだけじゃ嫌だ。
生きろ。
ほしいものを自分で取れ。
少しでも自分のために生きろ。
他人の世界で時間をすごしている人は、生きているように見えない。
みんなの興味が一つのことの集中していても、自分が興味がないなら、わざわざ関わらなくていいんだ。
周りの目にとらわれて生きて、いいことは何もないよ。
自分がそう生きたくなくても、他人の思うように生きることになる。
ふわっとした「認められたい」という欲求を満たすためだけに、生きていくはめになる。 

目指せ「自分ファースト♡」です。 

一度きりの人生、ムダにしない。
他人にどう思われてもいい。
堂々とものごとを恐れずに生きる。
せっかくだから楽しもう。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

本題とは関係ないけど、気になったのはこのヒトコト。

なぜ勉強する必要がある?
今まで人類が発見してきたこと、発明してきたことを知るため。
そうしないと、世代毎に知恵がリセットされてしまい、人類が進化していかない。
勉強することによって、スタートラインを先に引いてさらに一歩前に進める。
教科書にのっていることは、人類の知的財産のなかでもえりすぐりの「知っておいたほうがいいよ」ということ。 

戦争とかになると相手が人間ではなく、化け物になって行くから殺し合いをしやすくなる。
みんな同じなのにね。
個人じゃなく“敵”という固まりとなり、大きな化け物に見えるから「倒さなくちゃならない」と思うのだろう。

自分で道を選んできたから、今の自分がいる。
自分の人生だからこそ、自分で決めなくちゃ。
誰に何を言われようが、関係ないだろ。  

あとこれ、超わかる。共感しかない。

僕の好きな色は赤なんだけど、「なぜ?」と聞かれたら「知らん」と答える。
好きに理由はないんだよ。 

特技と得意なことでアイデンティティを決め付けるのは悪い癖だと思う。
ちなみにアメリカでは得意なこと、特技は聞き合ったりしない。
代わりに何に興味があるかと聞く。
日本は個性が際立ってないから、こういうところで他人との差別化を図ろうとするんだろうね。
アメリカは個人が立っているから、こんな小さなことでの比較なんて、しないんだよ。

「○○ですよね?」と聞かれることが嫌いだ。
だって、明らかに「そうだね」という同意を求めているもの。
これ、質問じゃないよ。
しかもハッキリと自分の意思を表せなくて、弱く聞こえる。

すべてを知っているわけじゃないから、その瞬間に正しいと思うことしかできない。