ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

一生太らない生き方 ココロでやせるダイエット《 実践編 》

今日は昨日の続き♡ 

一生太らない生き方 ココロでやせるダイエット

一生太らない生き方 ココロでやせるダイエット

 

ココロの前提を「ない」から「ある」へ変える、という心屋式ダイエット。
今日はこれを実践した和田ゆみこ先生の体験談を《 実践編 》としてお届けします。
せっかくのハウツー本、実践してみないともったいないよね。
とはいえ忙しい現代社会。
忘れてしまうこともままあるので、キヌは本読んだあともしくはこのブログにアウトプットしたあとにやることにしています。
そういう意味でもブログ超便利!笑 

すっごい簡単にまとめるとこれです。

日常生活のあらゆるところで自分がしていた様々な我慢をやめはじめました。

ちなみにここでの
我慢 = 自分がしたくないことをやること です。
個人的には「◯◯するべき」とか「もったいない」とかが、我慢ルートの入口だと思っています。
なので、
この類の言葉を聞く or 口にするたびに、心を研ぎ澄ませています。

だって、自分は「ある」んだもの。「素晴らしい人間」なのだもの。
自然と扱いも最上級レベルになりますよね。 

自分を尊重して、自由に食べる。

本当に好きなものを最優先して食べる 

空腹のときにあえて、自分の中からエネルギーを出す(=好きなことをする)。 

綺麗に盛り付けをし、鑑賞し、香りも楽しみ、「美味しそう!」と言ってからゆっくり食べる。
食べている最中も何度も「美味しい!」と言う。

食事を五感で味わう工夫をし、満足度を高め、よく噛んでゆっくり食べる。

空腹になったら、好きなものを美味しく食べること。
空腹になってから好きなものを美味しく食べることによって、結果として太っていた頃よりも少ない食事で満足できる。 

食事の時間にお腹が空いていなければ、食事を抜く。

お腹が空いていなければ、目の前で誰かが食べていても、自分は食べなかったり、ごく軽い食事にする。

スイーツのメニューがあるお店に入っても、お腹が空いていなければドリンクだけ頼む。

 特に大事なのは、その行動を支えている「ある」マインドです。

すでに愛されているのだから、自分に価値をつけようとしなくてもよい。

自分の本質に背いて、自分でないものになろうとする「無駄な努力」
「本当の自分を変えようとすることは無駄な努力、いばらの道です」

自分の常識からいったん自由になって、「自分の思うかたち以外の愛」を見るようにすれば、色々なかたちの愛がいつも自分に注がれていることに気づきます。

そう、このダイエットのゴールは

「自分は本来の自然な自分で、すでに綺麗なんだ」

と気づくことです。

太っていたってやせていたって、いい。
そのままのあなたが、いい。
そのままのあなたで、既に愛されている。
その単純な「事実」に気づくことです。

そのままですでに愛されているのですから、雑誌やテレビが発信する「決められた綺麗さ」に自分を当てはめようとして苦しまなくてもいいと思いませんか?

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

キヌ的にはこのヒトコトが課題だと思いました。
この間も気になってた豆乳担々うどんを食べに行って、ぜんぜん美味しくなかったのに8割食べちゃったし。

f:id:librarian_kinu:20171114121627j:image
デートのときなら、「今日はそんなにお腹空いてない」とかしれっと言えるのにな。

途中でお腹がいっぱいになったら食事を残す。