ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ママの推しは教祖様 ~家族が新興宗教にハマってハチャメチャになったお話~

有限実行、ということでブログ書きます。
最近書いてなかったのは単純に体調不良(風邪)でした。

内容はこんな感じ。

大好きなママが新興宗教にハマっちゃって…!?
「ママ、教祖様のこと信じてるから!」
ウチの母親が、ある日突然新興宗教にハマっちゃった!?
純粋すぎる故に宗教にハマり、教祖様に感化されていく母親と振り回される著者、そしてハチャメチャになっていく家庭…!?
今だからギャグ多めで語れる、渾身の自虐宗教コメディエッセイ!

読んでから紹介文読むとちょっと内容と離れている気もしますね。
お母さんが宗教にはまったのは、結婚前からだそうですし。
だからここだけ訂正します。

この本は、
物心ついたときには、お母さんがカルト信者で
それが「普通」だった
っていうのを描いた本です。

f:id:librarian_kinu:20180409210502j:image

だって私たち
たったひとつの家族なんだもの
わかりあえないハズがないわ
…でもね
私を教祖様から引き離そうとする者は
地獄に落ちるわ

家族とか関係なしに!

この澄んだ目である。
澄んだ目なのに言うことはかなり武闘派。

人生で一番大事なのは、宗教d(゚∀゚)b
教祖様の言葉を盲信し
定期的にイベントに参加し(家事育児、そして本業より優先)
心のお勉強を欠かさない…

そんな宗教にどっぷり浸かったお母さんをコミカルに描いた作品です。
本があるのは知ってたけど、ポスターとかDVDって発想はなかった。

この本の何がすごいって。
散々迷惑かけられた(少なくとも私なら親捨てるレベル)はずなのに、お母さんを一切悪く書いていないところです。
なんなら
① 自分の好きな対象、推しがある
② 熱中して周りが見えなくなることがある
③ 時間とお金を使っている
という段階で自分と同じオタクなんじゃないかって言ったり。
この言説、個人的に目からウロコでした。

f:id:librarian_kinu:20180409201026j:image

あっでも…私も漫画やアニメで号泣したりするし
その対象がナマモノかって違いなだけかな!?
要するにママも「推し」がいるオタクなんだ!
そう考えれば納得

聞けば聞くほど
私が漫画やアニメで「心揺さぶられた瞬間」と変わらない気がする
いわゆる「人生の教科書」って人それぞれだ
誰だってリスペクトしてる人物の作品や言葉 思想の影響は受けるし
熱中しすぎて周りが見えなくなることだってある
ママはそれがたまたま宗教で…
それがカルトだっただけ
何度も言うが宗教が悪いのではない
ただ「それひとつだけ」を完全に正しいと思い込み
盲目的になることが何よりも恐ろしいと…
ママを見る度に思う

ハマっていた宗教に関しても、「同好の士が集まるコミュニティ」って言ったり。  

f:id:librarian_kinu:20180409201049j:image

学校やご近所などのグループとは違って
そこにいれば決して「仲間はずれ」にはならないのだ
いわゆる「社会から外れた者」でも受け入れてくれる
そう…「お布施」さえすれば誰だってそうやって成り立っている
ある意味健全な
皆が欲しい「居場所」
別にあってもいいし非常に合理的だと思える

最後まで読むとあらすじの「今だから描ける」の部分が身にしみるのですが。
ここまで来ると、
手近な対象を観察し尽くした詳細レポート
のような気もしてきます。

カルト宗教に関心がある方はもちろん、家族の言動に現在振り回されている方にもおススメです。 

ママは自分が間違っていると認めるのが怖いのだ
その代わりにー
宗教に肯定してもらう妄想をしているだけだった
「教祖様と教団のみんなならわかってくれる」
現実が自分の思い通りにならないから
「家族は一切私のことを理解してくれない」
「宗教だけが私の生きる意味だもの」
生きるための手段が目的になってー
本末転倒なことになっていた

洗脳状態とは自分にとって盲信できる絶対的なものを作り出すことなのではないだろうかと実際にママを見てると思う
しかし、ママは「心の成長をするため」と謳っている自己啓発系の宗教を一時的に気分が良くなるまるで麻薬のような使い方をしている
今も昔も
きっとこれからも

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

宗教についてはこの本が詳しいかも。

librarian-kinu.hatenablog.com

 

なんていったって、しまだ先生の言葉のチョイスが大好きです。
これから勝手に応援します。

相変わらず目を開けたまま寝てたわ〜

でもほんと、本編には考えさせられました。
誰もが特別でいたいし許可が欲しいんだよね。
そんなの自分でやるしかないのにね。

あの場所は自分はまるで「皆と違う段階にいる」っていう…特別感が味わえる空間作りを徹底はしてるよな

家族ってどうしても理想化しがちだし。
キヌも家族関係に苦しんだ時期があって、でもその理由が超絶コントでね。
「ドラマみたいな見るからに仲の良さそう&裕福そうな家族がやりたかった」からだったんだよねー笑
ドラマに出てくるのはみんな他人であれは演技だし、えげつなくないように脚色もされてるってばよ。
それを目指したら苦しいよ。