ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

【映画】しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

夢を叶えるといえばこんな映画も観ていたなと。

f:id:librarian_kinu:20180505102622j:image

あらすじはこんな感じ。

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。
カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード。
買い物をしていた店で「家政婦募集」の広告を貼り出したエベレットに興味を抱いた彼女は、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。
子どもの頃から重度のリウマチを患っているモード。
孤児院育ちで学もないエベレット。
そんな2人の同居生活はトラブルの連続。
しかしはみ出し者の2人はいつしか互いを認め合って結婚する。
ある時、魚の行商を営むエベレットの顧客であるサンドラが家を訪れる。
部屋の壁に描かれたニワトリの絵を見て、モードの絵の才能を見抜いたサンドラは、モードに絵の制作を依頼。
やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るまでになるが…?
監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ

自分のやりたいことを貫いた人と、それを支えた人。
2人のいびつな愛の物語です。
まあ、時代のせいなのか愛情表現がわかりにくいので
序盤はかなり胸糞悪いかも笑
でも、心屋先生の言う「神」との出会いってこんな感じなのかなって思いました。

 毎日1枚絵を描きます
どんな日でもね

私は多くを望まないから
絵筆があれば満足なの

まずは「自分が今やりたいことして生きること」ですね。 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

後半で実際のモードとエベレットが映るのですが、本当にチャーミングでした…
観たときの感想はこんな感じです。

・帽子と靴の色がお揃い!おしゃれ!
・「人って…自分と違う人を嫌うの」
・車可愛い!
・コイツ頭大丈夫か
・私ならここでは働かないな怖いし(:o 」∠)_
・「これ以上先に進むなら結婚して!」
・鏡に描いたら鏡に使えない笑
・「こんなのうちのガキでも描ける」
 「行うは難し、だ」
・「私たち、古い靴下みたいね
 ひとつは伸びてヨレヨレ、ひとつは穴だらけ」
・なるほど、ペンキ絵だから外に置けたのか
・家が可愛くなってる
・ちょう靴下繕ってるw
・「うちの一族で幸せになったのはお前だけ」
 どんな家だよ…
・えええ兄貴がクズすぎる…
・「教えることなんてないわ
 描きたいように描くだけ」
・「お前は最高の女房だった」
・「私は愛されていたの、ずっと、あなたに」

英語熱が高いときだけの英語メモ。

look after〜
〜の面倒をみる

Perfect fit.
ピッタリだわ

Why are you leave me alone?
ひとりにしてよ!

love slave
慰みモノ

That's enough.
十分だ

Show, how to see the world.
あなたの世界を見せて

I don't like "most of people".
ー They don't like you.
俺は「みんな」ってのが嫌いだ
ーあら、「みんな」もあなたが嫌いよ