ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

バシャールのワクワクの使い方・実践篇 (VOICE新書)

昨日ご紹介した本の関連本です。

バシャールのワクワクの使い方・実践篇 (VOICE新書)

バシャールのワクワクの使い方・実践篇 (VOICE新書)

 

この本の内容をすごく簡単に説明すると
あなたが一番ワクワクすることをやりなさい です。
わあシンプル。
気になったヒトコトを下記に抜き書きしておきます。

宇宙には、たったひとつの法則しかありません。
自分の与えるものが自分の受け取るもの。これだけです。

人生の目的は“自分が自分であることを最大限に表現する”ということになります。

ワクワクは、
私たち人間が持って生まれた幸せになるための万能の鍵です。
私たちは、ワクワクするために生まれてきました。
あなたが心からワクワクすれば、人生の扉が開くのです。 

ワクワクというのは、
みなさんが一番高い波動で振動しているときに肉体的に感じる体験です。

ワクワクする気持ちとは、
肉体を通して翻訳されて伝わるメッセージのことです。
それは、「自分の選んだ道をちゃんと進んでいるかどうか」ということを教えてくれるメッセージなのです。

ワクワクは、3つのことをあなたに教えてくれます。
ひとつめは、自分の道です。
ふたつめは、それは努力なしで出来るということです。
みっつめは、それをやれば非常に豊かになれるということです。

もしそれをしてみたいと考えているなら、
あなたにはもう充分な資格があるのです。
ワクワクする道を辿れば、必要なものや知識、人を引きつけることができます。

 

ちなみによく
「みんながみんなワクワクしたことだけをやるようになったら、日本経済は破綻するー!!!」
とかなんとか言う人がいますので、先んじてバシャールからの答えを置いておきます。

本当に自分でやりたいことをしていれば、
エネルギーに満ちて、なまけたりするという考えは出てこないと思うのです。
なまけたりしたくなるというのは自分がしたくないこと、または自分にはできないと思っていることに対する反応です。
ですから行動に移らないわけです。

ワクワクすることはみんな違うから大丈夫 だよ。
日本経済の心配をする前に、1回しかない自分の人生の心配をしてください。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自分を出していないときです。
ですから、宇宙は、どれを誰にあげたらいいのかまったくわからなくて、ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙はあなたを見つけることができないのです。

本当の自分ではないとわかっているものに一生懸命になろうとする必要はありません。
自分でないとわかっている型に、自分をはめる必要もありません。

「自分の人生には、困難なことばかりがある」と思っているとき、
それは、自分がもっともワクワクすることをしていないときです。

嫌なことをやって生きているなら、百パーセント生きていない。
もうやりたくないということがあったなら、
ただ単に気付くこと、もうネガティブなことをしたくないと気付く。
ポジティブなことだけをする。
自分がしたいことを、したい方法でするとき、あなたは自然にバランスがとれるのです。

         

自分らしく、楽しく生きましょう。
大きなものの、存在を信じながらね♡

私たちがみなさんを信じているのと同じくらい、強く自分自身を信じてください。
しなければならないのは、それだけです。
みなさんは「大いなるすべて」の無条件の愛とサポートを受け取るだけの価値がある存在です。
価値がある存在でなければ存在しているはずがないからです。

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

読むきっかけとなったブログはこちら。

ameblo.jp

ameblo.jp

 

このへんも気になりました。

愛の反対語は「罪悪感」です。
私のいう罪悪感とは、自分自身の存在そのものを否定する罪悪感のことです。

 地球にはこういう格言があります。
「見ることは信じること」。
しかし実は「信じることは見ること」であり、逆なのです。          

人生は「降りかかってくる」ものではないのです。
人生は、必ず、あなたを通して出て行きます。

今まで読んだ本と内容がリンクしてる部分はこんな感じ。
さとうみつろう先生

疑いや不安は、真実の自分とつながっているときは持ち得ない感情です。
すべての状況は中立的で、空白で、空っぽでゼロです。
どんな状況でも、その中に含まれている意味はありません。
すべての意味はあなたが与えています。

心屋仁之助先生

毎瞬毎瞬、自分のワクワクする範囲内で一番ワクワクすることを行動に移すことです。
その瞬間に一番身近なワクワクをすると、また次にワクワクするものが出てきます。
芋づる式につながって出てきます。
ワクワクする気持ちは、すべて糸のようにつながっているんだよ。
だから、一番ワクワクすることに対して何をすればわからないときは、
その次にワクワクすることをやっていれば、どういうわけかつながっていくんだよ。

ワクワクは、努力するということではありません。
学ぶ必要のあるものを努力なしで引きつけていきます。
自分のいるべき場所に、いるべき時にいて、自分の学ぶ必要があることが自然とわかります。
それをシンクロニシティといいます。 

自分の感情、観念、そして思考パターンを変えた時、
その瞬間から自分自身が体験する「現実」も変わります。

「ワクワク」と「怖れ」は同じものです。
一方は肯定的な立場から、もう一方は否定的な立場から見たものです。
自分がひかれるエネルギーを信頼するとき「ワクワク」になります。
自分がひかれるエネルギーを疑うとき、それは「怖れ」になります。
怖れとは、自分自身で見たくないものを、いつまでも見ようとしない時にやってくるメッセージです。
それを聞かないようにしていると、より大きな声になってきて、より卑劣なやり方であなたの注意を引き付けるまでやります。

努力して努力して
もういいかげんくたびれて努力することを選ばなくなると
幸福になるんです。

宮本佳実先生

実現のための最良の方法は、
「手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない」ということです。
「この行動をしたからワクワクする」というものではなく、
「この行動そのものがワクワクする」ものであるべきです。 

(期待しないこと)それが本当の豊かさです。
なぜならば、何にも執着していないからです。
何にもとらわれていないからです。 

「他の人はうまくやっているな。どんどん進んでいっているな」
と心配する必要はありません。
そんなふうに自分を責める必要はないのです。
すべては完璧なタイミングで進んでいます。

ワクワクを実現する方法はとてもシンプルです。
それは、自分のワクワク、つまり自分が望むこと、
自分の「こうなりたい!」を具体的に、
①「見て」
②「感じて」
③「なりきる」
という3つのステップです。
こうなりたいという自分をイメージして、
その人だったらこうする、という行動を、自分でしてみてください。
その人がやるように自分の感覚を総動員してください。
その人の物の見方、感じ方、音の聴き方、匂いの嗅ぎ方。
それらをすべて、感じてみてください。
そしてそんな自分になったら本当にワクワクすると思ったら、そのワクワクを感じてください。
あなたは、それになれます。
なりたい自分がやるようなことを、やってください。
なりたい自分がやらないようなことは、やらないでください。

近藤麻理恵先生

古いものから新しいものに替えるとき、
その古いものを愛し、それが今まで自分に教えてくれたことを愛おしく思えれば早く進めます。
古いものが自分に教えてくれることのひとつは、古いものがもう自分には必要ないということです。
「自分が○○ではない」と教えてくれる古いものに感謝してください。
それによって「自分が○○である」に近づきます。 

今のあなたがいるのは、これまでのあなたがいるからです。
あなたの過去は間違っていません。