ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

Lily ――日々のカケラ――

本棚の負担を軽減するべく、定期的に本を整理しています。
友人にも本好きが多いので次の持ち主が見つかりやすいってのもあるけど。
でも何度も読み返しそうな本はね。
手元に置いておきたいのよね。
でもこれ、ただのエゴなんだよなー

石田ゆり子先生のエッセイもそのひとつ。

Lily ――日々のカケラ――

Lily ――日々のカケラ――

 

ほぼ日で連載していたコンテンツを読んだときから「素敵な文章を書く人だなー」と思っていました。
恥ずかしながら、有名な女優さんだと知ったのはその後です。
実はこの本を読んで初めて『もののけ姫』のサン役だったと知りました…
エッセイ本が発売された翌日に、本屋さんに買いに行きました。 

 

石田ゆり子先生が大切にしている日々の「カケラ」が詰め込まれている本です。 

本当にあっという間に時間は経ちます。
でもこの、さらさら流れる時間に逆らわず
自然に、潔く、生きていきたい。
淀まず止まらず、これはわたしの座右の銘です。

わたしが大切にしていることは
たぶん、普通の毎日に溶け込んでいる
些細な、小さなことばかりです。
日々のカケラを拾い集めるように、
自分の好きなものや、心の中でずっと思っていること、
自分なりのこだわりを記しました。
記していくことでわたしという人間の
輪郭がうかびあがるといいなと
ほとんど祈りのような気持ちをこめて。

キヌは買い物が好きなので、
石田ゆり子先生の買い物の基準&ものへの向き合い方
がとても印象に残りました。

人の手で一生懸命緻密に作られたもの。小さな子供の落書きのようなもの。色がきれいでどうにもこうにも惹かれて連れてきたもの。
まるで恋をするように、買い物をしてきました。

クスッと笑えたり、楽しい気持ちになることが、わたしにとってはとても居心地のいいことなのです。

部屋にあるだけで目が喜ぶ。

特に、キヌ自身も買うのが好きな器のところが♡ 

器が好きなのは単純に、食べることと「食卓」が好きだから。
朝、起き抜けに飲む1杯のコーヒーをとびきり気に入っているカップに注ぐとき。飲むとき。ただそれだけで、今日もいい日になりそう、とふわっと思える幸せ。

形あるものはいつか壊れる。器はまさにその、最たるものかもしれません。でもだからこそ、大切に。そして、どんなに高価でもちゃんと日常的に使ってあげる。それがわたしのスタイルです。

他にも素敵な文章がたくさんあるので、ぜひ本屋さんで探してみてください。
キヌはGW中にお花を飾ることに目覚めたので「一輪買い」を始めてみたいです。

たくさん買いたいけれど、そこをぐっと我慢して、一輪だけ選ぶのがわたしは一番好きです。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

この本を読んでから、眠るとき微笑むことと

1日の終わり、ベッドに潜り込む瞬間は至福の時です。
わたしは毎日呪文のように「今日も一日ありがとうございました」と呟きます。そして深呼吸して、あしたもよろしくお願いしますと言いながら、笑って寝ます。
いや、「微笑んだ顔で」眠ります。

笑って眠る。どんなことがあっても、今日もありがとう、あしたもよろしく、と思って眠る。そうするとなんだか、ふわふわとした優しい夢を見るような気がするのです。

正直に書くことを心がけています。

正直に素直に、ただそれだけを決めごとにして、自分自身と向き合う術。
それがわたしにとって「書くこと」です。

日々いろんなことがあるけれど、どうにもならないことは実はそんなにないと、わたしは思っているのです。本当の自分とちゃんと対話をしていれば、自分から逃げさえしなければ。
小さな自分がどうしたらいいのかいつも教えてくれると思っています。それはとても本能的な、インスピレーションに近いものです。それをわたしは、「自浄作用」と呼んでいます。

 

このエッセイ集、写真も満載です。

小さい頃から大事にしている本があるって素敵ですよね。
バースデーメッセージ付き。

f:id:librarian_kinu:20180324091409j:image

石田ゆり子先生の読書の様子も載っているのですが。

f:id:librarian_kinu:20180324091425j:image

美しすぎやしないかい???
思わずの最大フォント笑
そして、大好きな本(積読本含む)&わんこに囲まれた窓辺読書とか理想すぎる… 

 

この本の中で紹介されていた本たちも気になる。

錦繍 (新潮文庫)

錦繍 (新潮文庫)

 
なまけ者のさとり方 PHP文庫

なまけ者のさとり方 PHP文庫

 
なくしたものたちの国 (集英社文庫)

なくしたものたちの国 (集英社文庫)

 

 

動物たちと暮らすことで絶対に避けられないこと。それはいつか必ず彼らを見送らなければいけない、ということ。それはどんなときでも覚悟していて、思うだけで泣きたくなるけれどでも、いつか来る別れを案じるあまりに、今を失うことだけは避けたい。
見送る側はいつも寂しい。だけど寿命を全うして旅立つ彼らはきっと幸せなんだと、あるときふっと、ものすごく強烈に気がついたのです。

石田ゆり子先生の動物たちとの向き合い方について知りたい方は、ほぼ日のコンテンツもオススメです。