ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

猫はためらわずにノンと言う

本日はこの本をご紹介します。 

猫はためらわずにノンと言う

猫はためらわずにノンと言う

 

内容はこんな感じ。
少しだけ補足しました。

「FIGARO」「ELLE」をはじめとする フランスの各誌メディアで話題!
世界22か国で翻訳された全仏ベストセラー。
簡単に説明するなら「猫に学ぶ生き方の本」です。
日本語版がついに登場!

他人の目は気にせず
決して媚びず
欲しいものは欲しいと言う
プレッシャーに屈せず
エレガントで自信に満ち
ひとりでも平気…
猫があなたに伝えたい、自分らしく生きるコツ。

猫を飼っている人、 猫好きな人なら必ず思い当たる
「ある、ある」な猫のしぐさや行動の謎が解ける? 
脚にハンディキャップのある猫と暮らす著者が、
猫の日々の行動を観察するうちに気づいた、
猫特有の習性に隠された自由と幸福に生きる方法を紹介します。
自分の欲求よりも他人の目を気にすることを重んじて振る舞いがちな人に贈る、生き方指南書。 

確か、一番最初は心屋仁之助先生のブログで見かけたんだった気が…
見ていなくても表紙買いしたと思います。
だって見てくださいよこのタイトルデザインに干渉する猫。
可愛いったらない!!!
※ キヌは自他共に認める猫派です。 

f:id:librarian_kinu:20180507204718j:image

表紙も可愛いのですが、表紙取るともっと可愛いのですよ…

f:id:librarian_kinu:20180507204636j:image

ここのデザインを見られるのは、購入者の特権だよね…
なので反対側のデザインは内緒です笑

 

この本の内容を簡単にまとめると、
猫から「自分勝手に生きる方法」を学ぼうぜ!
です。

猫をじっと観察し

猫の生き方哲学はシンプルだ。
食べる、遊ぶ、寝る、快適に過ごすことだけを考え、
気に入らないことはやらない。

とにかく、猫にとっては自分の幸せが最優先。

人間に応用すると。

あなたも毎日、自分に少しでも楽しい時間とご褒美をあげるのを忘れないで。
だって、あなたはそれに値する人なのだから。

自分のこと、
自分の快適さを考えて、
自分自身の世話をすればいい。

自分の世話は誰よりも
自分が一番うまくできるのだから
他人を当てにしてはいけない。

意外と実用的でびっくりしません?笑
他にもステファン・ガルニエ先生(著者)が、猫のジギーから学んだ「自由&幸福に生きる方法」が満載です。
キヌが好きなものをいくつかご紹介しますね。

 

① 好きなことはしよう、嫌いなことはやらせよう

猫は命令されるのが苦手。指示に従うなんて大嫌いだ。
「命令したいなら犬を飼えばいい」と思っている。

猫はわがもの顔で周囲の人に世話をさせ、好きなことしかしない。 

心の中で思い悩んでいないで、
シンプルにいこう。
誰かに率直にお願いすればいい。

猫の要求は時と場所を選ばない。
お腹がすいた時、散歩に行きたい時、なでてほしい時。
たとえあなたがぐっすり眠っている時でも、
目的を果たすためには容赦ない。

必要な時に助けを求めて悪いことは何もない。
面白いことに、口に出して頼みさえすれば、
いつも一人くらいは喜んで手を貸してくれる人が現れるものだ。

人に助けを求めるのは悪いことではない。
お願いしてみれば、
きっと喜んで手を貸してくれる人が現れる。

 

② 自分の欲望に素直になろう

(著者の飼い猫のジギー)にとっては興味を引くおもしろそうなものかだけが問題で、それに金銭的価値や外見的美しさがあるかどうかには意味がない。

「欲しい、できる、やる!」
をモットーにすれば
人生はもっと自信に満ちたものになる。

好きなことを好きな時に楽しもう。
後のことはあまり考えすぎないほうがいい。

 

 ③ ありのままの自分でいよう(猫をかぶらない)

 どんな時にも自然体でありのままの自分を受け入れることが、
他人から賞賛され注目を浴びる一番の方法だ。
本来の自分を卑下してはいけない。 

どんな時でも
あなたらしく、
いつものあなたで。

猫ってとっても幸せそうじゃないですか。
キヌも常々羨ましく思ってたんですよ。
…だからかすっかりと忘れてたんですけど
羨ましいなら、真似すればいいんですよね。
はいはいはいはい、次、わたし!ってね笑

キヌもじっくりゆっくり猫化を進めていきます。
にゃん。 

f:id:librarian_kinu:20180507204759j:image

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

こぼれたヒトコト。 

「人生を謳歌する」という言葉は、
最近ちょっと間違って使われている。
それは、
いつも忙しく、忙しく生きる、ということではない。 

忙しそうに見せるのはやめよう。
能力が低い証拠だから。

現在、わたしはこんなルールをつくっている。
21時を過ぎたら、もう一切仕事はしない。

あれっ、と思ったら、
勘に従うこと。

あなたの仲間は、あなたが選んだ人たちですか?
(勝手に集まってきて居座っている人ではないですね?) 

 

そういえば、今思い出したんだけど。
心屋仁之助先生のブログで紹介されていたワーク
あ、せっかくなのでやってみてください。
お金&人目が気にならないとしたら何をやりたいかです。
ノートとかに書きだしてみてね。
をやったとき。
・お気に入りのソファで好きなだけ眠る
・あたたかい部屋でぬくぬくする
・ぎゃーって騒ぐ、走り回る
・効率を考えない
・窓の大きい家に住む
・ひきこもる
ここまで書きだして
「これ猫じゃん…」ってなりました。
キヌがなりたいの、猫だった んですよね。衝撃。

それを書きだして2ヶ月。
招かれた家の主人が料理を作っている間、ベッドでひなたぼっこして爆睡。
「ちょうくつろいでる…猫みたい」って笑われました。
猫になるの超簡単だった。
ていうか元々は猫だった。
にゃん。