ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

【映画】サスペリア

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20190202113805j:image
ヒグチユウコ先生がポスターを描いたって前情報だけで観に行ったんですよ。
ちなみにもう一枚あります。

f:id:librarian_kinu:20190202113820j:image

観終った頃にはすっかり忘れてました。
Twitter観るとほぼ完売みたいすごい。
ほんと無謀っていうかなんていうか…
自分の行動力には拍手したいですね。
あとは確か…「最高に興奮する」ってレビューがあって、
ホラー映画で興奮するシチュエーションが気になりすぎたんです。
ほんとどうしようもないな。
彼氏にもよく「シモネタが中学生レベル」だって言われます。
ぜってえ褒めてない。
あらすじはこんな感じ。

映画史に名を刻むダリオ・アルジェントの傑作ホラーを、「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が大胆にアレンジし、オリジナル版とは異なる視点から新たに描いた。
1977年、ベルリンの世界的舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するため、米ボストンからやってきたスージー・バニヨンは、オーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大きな役を得る。
しかし、マダム直々のレッスンを受ける彼女の周囲では不可解な出来事が続発し、ダンサーたちが次々と謎の失踪を遂げていく。
一方、患者だった若きダンサーが姿をくらまし、その行方を捜していた心理療法士のクレンペラー博士が、舞踊団の闇に近づいていくが……。
「フィフティ・シェイズ」シリーズのダコタ・ジョンソンほか、ティルダ・スウィントンクロエ・グレース・モレッツら豪華女優陣が共演。イギリスの世界的ロックバンド「レディオヘッド」のトム・ヨークが映画音楽を初めて担当した。撮影はグァダニーノ監督の前作「君の名前で僕を呼んで」に続き、「ブンミおじさんの森」などで知られるタイ出身のサヨムプー・ムックディープロム。

 

どの子も 顔面偏差値高すぎ 可愛すぎて、どの子が主人公なのかわかりませんね。

f:id:librarian_kinu:20190202114033j:image
実際問題、視点は小場面ごとに変わります。
なんか髪の感じとかで見分けておかないとごっちゃになります。
キヌはなりました。
全部見終わってからわかったのですが、
冒頭のベッドのシーンと夢以外は現在の時間軸です。
時間が前後したりしません。
ほら、よくあるじゃないですか。
いきなり回想シーンにはいるやつとか。
継ぎ目なく過去の話が出てきたりするやつとか。
あれがありません。
基本的に時間通り流れる形になるのでそこだけ把握すると楽かも。

 

舞台は1977年、ドイツのベルリン。
ここに本拠地を置くのが、世界的舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」。
当然在籍するダンサーたちはみなエリート。
受賞歴か推薦状を持ってここにやってきます。
しかし、主人公のスージー(最初の視点、このちょっと赤毛っぽい子)は…

f:id:librarian_kinu:20190202113915j:image

無冠でコネなし。
ついでにカネもありません。
かつての花形(現カリスマ振付師)マダム・ブランに憧れ、やってきたのでした。
アメリカのボストンからはるばると。
そして、自分の踊りを見てくださいと直談判。

音楽なしで踊ってもらう
頭の中でリズムを取って

スージーはこの 圧迫面接 オーディションに見事合格!

ようこそ、“家族”へ

そればかりではありません。
マダム・ブランに見出され、降板した主役の代わりを務めることになります。
そう、主役は降板したのです。
その前の主役も。
不穏な言葉を残して。

ここの一員になる以上、話しておくわ
パトリシアは残念な事情で去ったのよ
もう戻らない

こんなの最悪
くだらないわ
自分たちの嘘を認めやしない
あなたが全てを操ってる
偽善者としてのあなたをパトリシアは嫌ってた

ちなみにパトリシアは舞踊団を去った後、心理療法士の下でセラピーを受けています。

f:id:librarian_kinu:20190202113943j:image
これちなみに2番目のシーンです。
これが2番目に来るからわかりにくいんだ…
みんな同じようなくすんだ服着てるし…
時代背景的に衣装に個性を出せないのはわかるんだけどさ。

私が正しかった
あいつらは魔女
逃げるようにサラに言う
私が心配なのは彼女だけ

あの建物には隠された秘密がある

最初はいろいろ教えられた
完璧な睡眠や完璧なバランス
やがて髪を切られ尿をとられ
そして目をとられた 

ここに来たと知られたらおしまい
連中は私の性器を食い尽くす 

パトリシアは怯えたようにこう繰り返します。
数ヶ月間そうしてたみたいですね、後で出てきます。
そして私物を遺して失踪してしまいます。
心理療法士はパトリシアの情報を頼りに、舞踊団に足を踏み入れるのですが……?

 

 

なんつーの?
高熱で寝こみすぎて、もう寝られないっていう状況のときに見る悪夢みたいな感じ。
もちろん洗練されてて美しいんだけど。
どこまでも悪夢。
なんで自分が対象になっているのかわからない。
救いもなければ終わりもない。
なのに、ただただ美しい。
そんな感じでした。

f:id:librarian_kinu:20190202114005j:image
言っとくけど流血描写はあります。
でもそのへんはなんか、あまりにもドパーッと出すぎてて。
あんまり気にならないかな。
個人的には鏡の部屋のところとフックのとこがきつかった。
ちなみに鏡の部屋については一切解説描写ないんだけどなんだったの。
そういう映画でした(無理やりまとめ
キヌ自身もストーリーはあとでネタバレサイトで補いました。
ストーリーがわからない方、モヤモヤする方はそちらで補完してください。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

サスペリアファンアートに参加しました。

https://www.instagram.com/p/BtZxGyElBNJ/

『サスペリア』を観てきました。美しい悪夢でした。高熱があるときに見る、とても美しくて残酷で…逃げ場のない悪夢。#monochrome #illustration #diary #hobonichi #hobonichi2019 #hobonichiplanner #suspiria #日記 #イラスト #ほぼ日 #サスペリアファンアート 

ネタバレだらけの感想はここに。

・ かわいい題字
 ホラーのはずなのに
・「6幕と1エピローグの物語 分断されたベルリンで」
・いびき?
・よくこんなに頭高くして眠れるな
・「ここに住むダンサー達の“母親代わり”よ」
・「マダムの教えは素晴らしいのよ
 パワーにあたりすぎて中毒になる人がいるほど」
・「投票を始める
 一人ずつ選ぶ人の名を言って」
 「マザー・マルコス、最高位を維持」
・「彼女に起きたことはおそろしいけれど
 マザーはまた誰かで試したいと
 どの娘でも儀式ができるようにしないと」
・別荘(ダーチャ)っていうのがまたドイツっぽい
 こんな狭いんだね
・連動してる?
・なにそのがま口のお財布
・「まさに希望の星」
・なんでパンツ履いたまま採尿?
・「暗黒の母」「嘆きの母」「マザー・マルコス」
・なんでその方法で輸送?
 ていうかそのフックなに、地味に気になるわ
 皆でやると罪悪感が軽くなるのかな
・そのポーズで開くの?その扉
・「彼女は無意識だったはず」
・「あれはまるで…ファックしているようでした」
 「男性との?」
 「いえ、獣とのファックを想像しました」
 ああ、契約?
 確か山羊とのセックス
・まじで魔女っぽいな
・タバコ吸いながら指導
・「こんなに早く、また一人、無駄な犠牲に?
 私はもう急ぐつもりはない
 あの子の準備が整ったら
 私からマルコスに言う」
・せめて楽しいパートをもう少し…
・「昔の習わしを取り入れたい
 “証人”よ」
 ああ、心理療法士はこれで…
 なんつーかとばっちりだな
 厄年かな
・「スージーに見せなくては
 私たちが今も存在すると」
・悪夢じゃん
 こんなん毎日見たら練習に支障でそうだけど
・みんなが悪夢慣れしすぎてて怖い
 ポジティブかよ
 「マルコス舞踊団スペシャルね」
 「安定剤が必要ならいって」
 「私も以前は3週間もトイレの毛玉の夢を見た」
・「パトリシアは数ヶ月そのことばかり」
 「パトリシアは信じている
 その女が魔女集団を率いていると」
・「肉体の強さと表現の自由を誤解している」
・「あなたにわかるかどうか、40年前どのようにこの踊りができたか」
・パトリシアって一番最初のあの美少女―?
 ここにきて一番の驚き
・「妄想というのは、真実を語る嘘なのだ」
・「愛情と人心操作―彼女らはしばしば共同生活をしている」
・「建物内の隠された場所
 秘密の部屋があるそうだ」
・「舞踊は二度と明るさと陽気さには戻れない
 今は美しいものを壊さなくては」
・「無理やり器にしようとしたから」
 「スージーを取り込む前にマザー・マルコスが死んだら終わり」
 「見たでしょ、あの身体を…まさに牢獄よ」
・なんで歩数カウント?
 なるほど元のところの垂直下に来たんだ
・これ着物?
・こういうやつらの好奇心すごい
・「(キリストが生まれるよりもっと前?)
 “三人の母”が姿を消した
 “暗闇”“涙”“嘆き”」
 「マルコスは自分は3人のうち1人だと
 でも賛同しないものもいます
 マルコスとブラン派に別れているのです」
・「(宗教とカルトには?)
 共通するものがある
 十字架と難解な儀式」
・「あの子が私の罪」
 「私はあの子でこの地を汚した」
・「彼女たちと取引したのね
 代償の重さも知らずに
 いつかツケが回ってくる」
・「マザーの家で 全てのフロアは暗闇」
・どういうメイクなの
・ベージュパンツに赤い麻縄て
 やはりベージュパンツが気になる
 コンテンポラリーダンスと相性の悪い私
 ダンス全般かも知れないけど
・「この作品を踊るのは今回で最後となります」
・キメラか
・あの場で逃げていれば助かったの?
 これを踊れば助かったの?
 たぶんどれでもなく不可避だった
・「準備は整った
 そのときはきた」
・助かるといいねおじいちゃん
・「逸脱してごめんなさい」
 「二度とやらないで」
・「あなたはまだ、理解しはじめたばかりだから」
・「すべて混乱している、違う?」
・「なぜみんなは最悪の事態は過ぎたと思うの?」
・「私に選択させたくないのね
 私を愛しているから」
・「今夜、今夜やらなくては」
・よく外れる肩甲骨だこと
・「料理もお酒も好きなだけどうぞ」
 サバト
・アンケも魔女なの?
 新しい人生を築いていても良いのか
 そりゃ生きてるほうがいいよね
・ああ、騙したのか
・確かに悪夢ってこうね、二重三重、まだ冷めない
・人間でできた祭壇
・おじいちゃーん
・「あんたの中には何も残りはしない
 あるのは空間のみ
 私のための」
 「わかっています、そのために来ました」
 「自ら望んで来たのだね」
・「これは虚栄ではない
 そして芸術でもない」
・「この私を受け入れるなら
 お前を産んだ母の息を止めねばならない
 お前が求めるのはただ1人の母
 それ以外の母には死を」
・「お前は何者だ」
 「あなたは誰に選ばれた?
 3人の母の誰に」
 「マザー・サスペリアム」
 「それは、私」
・なんつーか、ほうせんかみたい
 パンパン飛んでくんだけど
 血しぶきが
・中身チョコレートみたい
 色的にはざくろなんだけど、質感が チョコレート
・「私こそがマザー」
・「あなたの望みは?」
 「死ぬこと」
・「そうよ
 踊って
 踊り続けるのよ
 そうよ、美しい
 美しいわ」
・じいちゃん…
 一生分のグロいもん見せられただけじゃねーか
・「エピローグ スライスされた梨」
・片づけてるー
 そこはアナログなのね
 死体どうすんだろ
・頭切れても生きてんのね
 じゃあ頚動脈ナイフ眼鏡はなんで死んだの?
 魔力の差?
・来たー
・「娘たちがしたことは残念です
 私は止める立場になかった」
 このセリフ謎
・そんなことまでわかるんだ魔女
・「あなたに関わった女性たちの記憶
 太陽の光にとけて消滅する」
・パトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)可愛かった 

英語熱が高いときだけの英語メモ。

Put “work” in front of “family”.
家族より仕事を優先してしまった

Clear your mind.
頭をカラに

Let me ask you another.
他の言い方を

I know who I am.
私が、わかる!

What do you ask?
あなたの望みは?