ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

本日はこちらの本をご紹介します。

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

吉本ばなな 奥平亜美衣 自分を愛すると夢は叶う

 

大好きな吉本ばなな先生の本です。
刊行ペースが早いから、読んでも読んでも未読の作品がある。
幸せ。
内容はこんな感じです。 

★「世界的小説家」と「引き寄せの女王」が明かす願望達成法
仕事・お金・恋愛・夫婦・家族・健康・悟り…
たった一つ、この世で必要な努力は「自分を好きになる努力」!
●「本当の望み」は隠れているが必ず叶う
●流れにつながる「しるし」の見つけ方
●「直感」を「確信」に至らしめるコツ
●「物語はハッピーに終わらせる」と決める
●「望む異性」との出会いを引き寄せる
●健康でいるために、人間は生まれてくる
●どんな死であっても、魂は納得している
●天職とは「生まれる前」に決めてきたこと
●天職の特徴は「好きだけど、さじ加減できる」
●もっとお金を引き寄せる「買い物の仕方」
●「愛を感じるモノ」を持つと運気が上がる
●運命は決まっているが、変えられる
●意地悪な人は「意地悪な世界」へ引き寄せられる
●「悟り」とはデリケートな揺れ動くもの
●「神様」の存在をありありと感じる時
●お金・仕事・人間関係…理想の人生を現実化する7つのワーク

 

内容をすごく簡単にまとめると、
夢を叶えるための方法
について書かれた本です。
ちなみに夢は叶うことが前提です。 

(奥平亜美衣)は「引き寄せの法則」についての本を書いているのですが、エッセンスを一言で言うと「自分が本心から“こうしたい”と望むことは、必ず叶う」ということだと思っています。
「自分が本心から“こうしたい”と望むこと」とは、言い換えると、心の奥深いところにある「魂の望み」と言ってもいいかもしれません。
それは、必ず叶うことになっているし、自分自身にとことん愛を注ぐことで、「魂の望み」はスムーズに実現していくと思っています。流れに乗るのですね。

望みの叶え方は下記の通りです。
なんかビジネスメールみたいな書き方になってしまった。 

望みの叶え方
・自分の「本心」に素直になる
・「好きなこと」をあきらめない
・願いの実現に全身でコミットする
・流れにつながる「しるし」をつかまえる
・直感が来たら具体的に調べて深める
・「ハッピーエンドにする」と決める
・自分の中に「キレ」を持つ 

まあ、詳しくは本を読んでいただくとして笑
キヌがこの本を読んで心がけようと思ったことを2つ、ご紹介します。

① 「好きなもの」を取り入れる
結局、たどりつくのは自分自身の感覚。
こうして本を読んだ後(数日間は特に!)
いかに自分をないがしろにしているかわかります…

【奥】私はこうやって3~4年、引き寄せの法則を実践して、「いい気分を選択する」「幸せでいる」ということに取り組んできて、行き着いたところが、「毎日のごはんがおいしい」と感じることだったりします。人でも物でも出来事でも、愛おしく見る視点が持てれば、人生大丈夫なんだ、ちゃんと願いも叶うんだとわかったのです。
肝心なことは、「毎日の生活のなかのキラキラを感じているかどうか」。そういう私なりの結論に達することができました。

【奥】「日曜日も、人生も、自分が喜べることをして過ごすのがいちばん。それが家族全員の幸せにつながります」
自分のやりたいことは見失わないようにしながら、家族のやりたいことともバランスを取って、自分と家族の最大公約数を探していくのがいいと思います。

【奥】自分が純粋に欲しいものを楽しんで買い、喜びに浸ることはとても豊かな波動を発しますから。自分だけでなく、商品を売っていた側にも、世の中にも、その波動は伝わり、広がっていきます。

【奥】大好きなものを、よく味わって、よく噛んで、感謝しながらゆっくりと食べることで、いろいろな幸運の引き寄せが起きることは体験しているんです。究極的には、「引き寄せアクション」は、それだけでじゅうぶんかもしれないとも思います。

これは仕事についても同じです。
読んだときは耳が痛い…と思っていたのですが(なぜかはご想像に任せます
今はとにかくね。
「やってみたい」をやってみよう
と思っています。
どうなるかとか考えずに。

【奥】誰でも子どもの時に、自分の天職に、一度は興味を持っていると思うんです。けれど、ほとんどの人が、大人になるまでの間に、親や先生に否定されてやめてしまう。あるいは、大人になって「稼がなきゃ」という理由で自分からやめてしまう。
(天が自分に求めている天職を知りたかったら)自由にものを考えられた小さい頃に「これをやってみたい」と思ったことを思い出して、少しずつでもやってみることが大切だと思うんです。
そして、繰り返しになりますが「こういうことをしてすごしていたら自分自身でいられる」ということって、いわゆる仕事とはかぎりません。自分自身でいれば、仕事じゃなくてもエネルギーがちゃんと回るから、たとそのことで稼いでいなくても、それをやっていれば必ず生きていけると思います。 

【奥】「ずっとやってみたかった!」と、心が震えるようなことを実行すると、金運はぐんぐんアップします。
好きな人のことを考えたり、好きな人と会うのもお勧めです。

【奥】まず、「今お金が入って来ている手段や経路に対して、感謝すること」ですね。感謝まで行かないとしても、前向きになることです。
あとは、お金を好きになることも大切な要素です。

 

② 「嫌いなもの」を遠ざける
健康に関する文脈だったのですが、自分の感覚を鈍らせないためにも大切だなと。
これが、なかなか…できないんだよね。
っていうか「嫌い」に意味を持たせすぎなのかもしれぬ。
嫌いだっていいんだよね別に。

【ば】「健康でいるために、人間は生まれてきた」って思います。その人の、もとの状態そのものになるために。 

【奥】「幸せでいるために生まれてきた」という言葉の、体バージョンですね。

【ば】同じことだと思います。赤ちゃんの時の状態にだんだん戻って行くことが大切。もちろん、病とともに生まれてくる赤ちゃんもいるし、その体験も大切だけれど、生まれてまっさらな時は心身ともにその人のありのままの状態ですから。自分の一番いい状態を、精神的にも肉体的にも取り戻して行くのは大事だと思います。

【ば】人間の思考ってダイレクトに肉体に影響を与えるんだっていうんです。本当にそうだと私も思うんですよ。 いろんな人に会って話を聞いてきましたけれど、「病気の80%は他人の念」。「全部」って言い切りたいところだけれども、100歩譲って、80%から90%は他人の念って、すごい人は皆さんおっしゃるんです。

【奥】他人の念ですか。対策は何かあるんでしょうか。

【ば】健康でいることですね。そのために、まず、そういう人には近づかない。近づいてもスルーできる力をつける。

【ば】やっぱり必要以上のストレスはよくないですよ。人間って、生きているだけでストレスはあるんだから、それ以上、増やす必要はないと思います。
対処していくだけで、じゅうぶん必要なストレスを得ているわけだから、あえてそれ以上得る必要はゼロだと思う。ストレスに飛び込んでいかない。なくすのはむりでも、へらす努力はいつも必要で、していたほうがいいと思うんです。
好きなことに関するストレスに明るく向かっていくだけでいいと思います。

【ば】自分がなにか感じるようになったら、やめたほうがいい。
(これはファストフードを食べなくなったというくだりです。) 

 

そうです。
夢を叶える方法=自分を愛すること
ってことです。
キヌもこの手の本をたくさん読んでいるのに、未だに新しい発見がありますが笑
できることからコツコツとやっていきたいと思います。

【奥】ステキな人間関係、やりがいのある仕事、成功、経済的豊かさ、健康、幸福感を手にする早道は、自分を愛すること。自分をもっと好きになれば、理想の現実は、放っておいても舞い込んできます。
自分を好きになるためには、頭で考えるだけではなく、行動することが重要です。実際の行動を通じて、自分自身に、愛のエネルギーを注いであげることが大事なのです。
具体的には、いい気分になれること、自分の好きなことを、日常の中でどんどんやるようにします。
そして、身の回りの小さないいこと探し、小さな幸せ探し、小さな感謝探しを積み重ねてください。
この小さな積み重ねが引き寄せの極意で、波動が上がります。
波動が上がれば、願いが次々叶うようになります。けれども、願いが叶うのは、いわば副次的効果です。
実は、いい気分でいることや、大好きなことをやることは、それ自体が重要な「自分に愛を注ぐ行為」なのです。
自分に愛を注ぐほど、本来の自分に近づくことができます。
あなたは肉体だけの存在ではありません。
あなたが自分に愛を注ぐことで、自然と、自分の本質とつながり、計り知れないエネルギーを感じることができるでしょう。
それは宇宙が創造された時からある力です。
この無限の力につながることが、本当に望む人生を引き寄せるための大きな秘密なのです。
そしていつも、自分の好きなところに目を向けるようにします。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

吉本ばなな先生の対談本、対談相手の印象が書いてあるところが好きです。
こんな風に書いてもらえるのいいなあ。

奥平さんからは、ぬめっとした執着やだれかを妬む心や重い愚痴がまるで感じられません。それらを心の奥底にひたかくしにしているわけでもありません。ほんとうにないのだと思います。興味はある、好奇心もある、でも比べる心がないのです。彼女はいつでも少女みたいにきらきらした瞳でこの世を遊んでいる、そんな感じがします。

他にも本文に載せきれなかった好きなヒトコトがあるんですよ。
せっかくだからここに置いておこう。仕事についてとか。

ただでさえ「毒舌」とか「はっきり言い過ぎる」とか「身も蓋もない」と言われがちな私ですけれど、それは他の角度からこの世を見ているからです。
みなの目に当然のように見えるものが私には全く見えない。その代わり違うものが見えているのと、そうなる仕組みが分かっているので、お伝えして少しでも楽になる人がいればいいな、というだけのことなんだと思います。
「私にはこういうふうに見えている」ということしか、私には言えないのです。
「私の言っていることが真実です」とか、「私の言うとおりにしてください」とは思っていません。
私は小説家で、小説だけで伝えていきたいし、小説は限りなく優しく読者の人生に寄り添ってほしい。悲しい日のおやつとお茶の様に、寒い日の暖炉のように。
ただ、ものを書く過程で気づいた、「ものを書くための鋭い観察眼から派生したなにか」を、創作のおまけとして私はいつでも持っています。それがもしだれかの役に立つことがあればシェアしたいなと素直に思うのです。 

私は、人にお金を払ってもらっているのに、嫌な気持ちにさせるのが嫌なんです。芸術家というよりは、職人なんです。
小説を使って、ある種の考え方を伝えているだけで、話を創作することにそんなに欲望はないのです。
文章って恐ろしいパワーを持っているから、落ち込ませて、人を死にたくさせることだってできます。簡単にできるのだけど、人にお金を払ってもらって、死にたくさせるというのは、趣味じゃない、途中にどんなに悲しいことを書こうが、最後は嫌な気持ちで終わらせないようにしないと、そのまま引きずられて行ってしまう人がいます。そういうことはやりたくないのです。

本を閉じるときに、悲しい気持ちで閉じてほしくないのです。

何かを思い立ったら、全身でコミット(積極的に関わる選択)をしていかないと、何にもつながっていきません。コミットしていけば、つながっていくための「しるし」も全部受け取れるはずなんです。
ピンと来たとしたら、次の日も次の日も検証してみたほうがいいのです。自分の心の中で、何回も何回も思ってみて「あ、本当に行きたいな」となったら行くといいと思います。
自分で、直観を確信にまで至らしめる流れで調べていく。そうすると、例えば、その国に友だちが住んでいる人に出会う、といったことが起きるのです。
流れを作っていくことに関して、皆、慣れていないですね。まず調べないし、受身で説明会に行って、メモを取って帰ってきて、荷造りするだけの人が多いと思います。でも「ギリシャ滞在は、たった4日間だけか」と、「自分が」思うところから始まる何かがあると思うのです。
そして、調べたことがチャラになる瞬間も、すごく大切にするべきだと思っています。
「あんなに調べたのに、やらなかった」というのもすごく大事な流れだし、そこを見極めるカンも、大切にするといいのではないかと思います。 

 パートナーシップについてとか。

男の子を育てるとわかりますよ。男の子って、お母さんみたいな優しさも持っているんです。
「あなたには一生わからなくていいけど、私はあなたのためにやっておいたよ」というような優しさの種類を、男の人っていっぱい持っているんです。
女の人の男の人に対する優しさは「わかってもらえないと嫌」な優しさなんです。「これだけやってあげたのに。このお茶入れたんだけど、絶対に気づけよ」という優しさ。
だけど、男の人の優しさって、もうちょっとお母さんぽいというか、深い、「わからなくてもいいんだよ」というような優しさなんです。

現代人は相手に全てを求めるからうまくいかないんだろうと思います。
相手に全てを求めるというのは、親、親友、兄弟とかを全部パートナーに求めるという意味で、うまくいくはずがない。「自分もこの程度しかできないし、あなたもそうだろう」というくらいでいれば、そんなに失望することもないと思います。 

結婚は、経済的な契約なんです。「二人の経済を一つにする」という契約で、ただそれだけだと思います。あとは、「籍に入った相手の一族に貢献する」という約束です。苗字が同じになるんだもの。そこまでの覚悟がない場合は、しないほうがいいと思います。

「隙」や「抜け」がないと、女性性もないってことになってしまう。

それ以外とか(カテゴライズ不能)。 

なんて言うんだろう、行間からジワジワッて染みてくる、地道で豊かな感じが特徴的で、すごくいいんです。現実とかけ離れて「今から宇宙にいきましょう」とか言われても私は困っちゃうので(笑)。
それよりも、「自分の範囲をやっていこう」という、静かでキラキラした力に励まされています。

論理的に考えすぎると、自分の性に合ってないことをやってしまって、自分が苦しくなったり、人を責めたりするのではないかと思います。

死は、みんなにくるものですから。みんなが共通で持っている、数少ないものですから。そして一日一日、そこに近づいていくわけですから、具体的には。

目を閉じていたり、耳をふさいでいたりすると、シンクロニシティ(サイン)には気づけません。オープンでないと見えない。
人からの情報でシンクロが来る場合もあるわけですが、認めない人は絶対、認めない。認めたくないのだろうし、耳も押さえて、目も閉じていたら、やっぱり、シンクロに気づけないし、今の状態から変わることはないのかなと思います。 

おいしいものって結局、2種類しかなくて、素材がいいか、手がかかっているか、どちらかなんです。 

情報として気になったのはこちら。

八ヶ岳サドベリースクールを見学しました。
そうしたら、子ども一人一人が自主的に、自分のやりたいことだけをして学んでいて、授業もないし、クラス分けもない。学校の運営も、生徒と大人が対等に話し合って決めているということでした。

なんてったって小学校にいい思い出がないので。
なんて素敵なんだろう。
ぱぱっと調べただけでものすごくたくさんありました。
人生を変えるきっかけなんて、ほんとはたくさんそのへんにあるんですね。 

 

奥平亜美衣先生のヒトコトも面白かったです。

ばななさんから「お勧めは女社長」と言われて、すぐには腑に落ちなかったんです。でも、後から「ああ、女社長って、みんなにあれして、これしてってお願いして、みんなに助けてもらって、みんなにありがとうって感謝するんだ」ってわかったんです。それは女性らしくいられて、自分の仕事も満たされて、これから女性にとってすごくいい生き方なんじゃないかって、今あらためて感じました。

女性は、感情のパワーが強く、その傾向が顕著です。あなたの感情が「喜び」に満ちているほど、その感情の周波数と同じ現実が、目の前に展開するようになります。ですから、未来の幸せを引き寄せようとするのではなく、目の前の幸せに気づく。未来や過去ではなく、今ここに「ある」ものに気づく。
すると、あなたの波動が変わり、望ましい現実が作り出されます。 

あなたの理想の人生は、今の現実と地続きです。そして、本当は、誰もが、愛と光の存在です。それを実感できると、「ありのままでいい」という言葉の真の意味がわかります。
ありのままでいいというのは、「今何もしなくていい」という意味ではありません。自分の人生で本当にやりたいことをやる。自分の本質に気づく。その道のりの中で、「生きててよかった」「生まれてよかった」と感じたとき、本当に「ありのままでいい」という意味を体感できると思うのです。
そういう状態にあるとき、必要なもの・お金・人は、勝手に引き寄せられてきます。「全てはベストのタイミングで起きている」「全てに意味がある」「全てが最善」という言葉が、本当にそうなんだ、とわかる度合いがだんだん増えていきます。 

多くの人は「でも」「だって」「そうは言っても」のほうが大きいために、望みが叶わないのです。この宇宙では、あなたの「本心からの思い」、そして「本心から感じていること」が、そのまま現実に現れます。
叶わないのは、素直に願わないから。
ただ、自分で自分を抑えているだけなのです。常識や、周りの人(特に親)の影響、安定を求める気持ち、失敗したらどうしよう、そういう「紐」で自分をがちがちんい縛っているから、、まだ理想の状況になっていないだけなのです。
縛っている紐を取っていけば、そこに、もう理想の人生があります。 

願いに対して、茶々を入れないことが大切です。
素直に「ああいいな、こういうの」と軽い状態でいると、出会いがあったり、行動を自然におこせたりします。ご飯を食べたいから食べる、ということ同様に自然と行動できるのです。 

「本当はどうなったら嬉しいの?」と自分に問いかけながら書いてください。
何の制限もなく、「空気からお金が出てくるとしたら私は何をしているか」と考えてみてください。身構えるのではなく、フワッとした感じで楽しみましょう。
お気に入りのノートに、とにかくこれが理想だということを素直に書いてみてください。現実とかけ離れていてもOK。遠慮しないことが大事です。
*「でも」が浮かんだら、「願ったことは叶うように宇宙はできているんだよ」「あなたならできるよ」と自分に言ってあげましょう。 

マイナス感情は、「自分が本当はどうしたいのか」を教えてくれるサインだと考えるといいでしょう。 

ブロックがあっても願いが叶うとしてるあたり、画期的だなと。

「無理そうだけどやっぱり欲しい」
「大変そうだけどやっぱりこうしたい」
「怖いけど叶えたい」
つまり「○○だからいらない」と思わずに、「○○だけどほしい」と、素直に願えばいいわけです。そうすれば、願いをキャンセルしたことになりません。

これはinstagramでやってみています。

出会いを引き寄せる「ときめきメモ」のやり方
寝る前に、一日のうちでときめいたことを思い出してメモします。その要素を生活に増やしましょう。すると、望む異性との出会いが増えていきます。
例・きれいなアクセサリー
 ・かわいい犬
 ・いちごパフェ 

あ、奥平亜美衣先生も感じ入ったという吉本ばなな先生の本はこちらです(宣伝

librarian-kinu.hatenablog.com