ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

買う理由は雰囲気が9割〜最強のインフルエンサーマーケティング~《 理論編 》

さて、たまには真面目にビジネスの話でもしますか。
本日はこの本をご紹介します。
俗に言う9割本です。
キヌしか言ってないかもしれないけど。
タイトルに「9割」のついた本って多くないですか?
「6割」とか「7割」とかの本って見たことない。

買う理由は雰囲気が9割 ?最強のインフルエンサーマーケティング?

買う理由は雰囲気が9割 ?最強のインフルエンサーマーケティング?

 

内容はこんな感じです。

純粋な消費者など、もう存在しない――。
近年、消費者の在り方が大きく変わっています。
「企業と消費者」という対立体制はすでになくなり、
SNSを手にした生活者は顧客を超えた存在となっています。
モノを買う理由も「欲しい」から「やってみたい」「体験を共有したい」へ 変わりました。
企業と消費者が「共創」する時代となったのです。
その中で欠かせないのがインフルエンサーマーケティングです。
本書では、イマドキのモノの売れ方、インフルエンサーマーケティングSNS、ネットメディアの効果的な活用法、消費者に今、何が起きているのか、インフルエンサーにPRを依頼するコツなどについて、数々の広告代理店や企業で教えている著者が解説しています。
1万人を超えるインフルエンサーと仕事をし、自らの事務所を「インスタ映え」を意識してデザインするなど、現場を知っているからこそ、知りえることが盛りだくさんとなっているうえに、新たなPRのあり方、モノの売り方の提唱でもあるため、広報、PR担当だけでなく、起業家、経営者、ビジネスパーソン他、すべての働く人、インフルエンサーに手にしていただきたい本です。

インフルエンサーっていうのはあれですね。

www.youtube.com

冗談です。
wikipediaからひっぱってきましょう。

インフルエンサー (英: influencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサーマーケティングと呼んでいる。

そう、簡単に言うと「世間的に影響力のある人」なんです。
この場合の影響力は、イコール情報発信能力です。
「その人が発信した情報に対してどれだけの人が影響されるか」ってことですね。
つまり、その人の動向を気にしている人が多ければ多いほどいい。
要するに
情報発信能力が高い人=支持者(ファン)が多い
ってことです。
そんなわけで昔だったら
情報発信能力が高い人は既に有名な人
だったわけです。
芸能人とか有識者とかね。
だから企業は芸能人とか著名人を使って商品を売ろうとしていたわけです。
お金じゃんじゃん使って広告をどんどん流す。
テレビや雑誌なんかのマスメディアに。
それを続けるうちに、消費者が広告に気づくようになってしまったのです。
そして広告が流れるマスメディア自体を疑うようになってしまった。

消費者は今、企業からの押しつけではなく、自分で主体的にモノを選びたいと考えているからです。
企業から「いい」と言われるモノではなく、自分が「いい」と思うモノを選び、購入したいのです。

マスメディアの情報でなく、人々が自分で「正しい」と思う情報だけを選ぶようになったのです。

しかし、正しいかどうか判断するには経験値が必要です。
だけど、ぜんぶ自分で経験する時間はない。
そこで消費者が新しく注目するようになったのが、ソーシャルメディアです。

商品PRの主戦場は、マスメディアからソーシャルメディアになりつつあります。

同じ一般人の言うことなら信じられる、と言う理屈ですね。
そのうち一般人の中でも、ある人たちの投稿が人気を集めるようになります。
昔ならパワーブロガー、アルファブロガーとか。

今の、モノが売れるか否かの決め手となるのら「誰かの声」なのです。
ただし、誰でもいいわけではありません。
自分の知っている人、自分の信頼している人たちが話題にしていることに人々は大きく影響されます。
ソーシャルメディア上での身近な知り合いからの口コミ情報を何よりも信用します。

今やブログ以外のソーシャルメディアにも活躍の場は広がり、
発言が非常に注目されているインフルエンサーと呼んでいます。
この間ご紹介したリリー・シン先生もそうです。
日本だったらARuFa先生とかはあちゅう先生とかゆうこす先生とか思い浮かびますね。
さらに現代の世界は物質的に豊かです。
ほとんどの人たちは生活必需品に困ることはありません。
そのため、ものを購入するハードルは以前より低くなっています。

さらに世界が豊かになって必需品がなくなっているため、
昨今の消費者は、買うものを「買いたい」からではなく「買うことでいいことありそう」という「雰囲気」で選びます。
こうした消費者の変化に合わせて、企業もまた変わる必要があるのです。 

そうです。
こんなに世の中が変わったんですよ。
今までのマーケティング、変えなきゃですよね?
っていうのがこの本の提案です。
みなさん、話についてこれてます?
これをまとめているキヌが混乱してきたので、続きはまた明日。
当然ですが本にはもーっと詳しく細かく書いてあります。
気になったら先に読んじゃってください笑

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡