ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

【映画】決算!忠臣蔵

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20191215104834j:image
彼氏と観に行く予定だったのですが、
まあ一向に予定が合わなかったので1人で観に行ってきました。
あらすじはこんな感じ。

忠臣蔵」を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。
堤真一岡村隆史がダブル主演し、監督・脚本を「殿、利息でござる!」の中村義洋が務めた。
元禄14年3月14日。
清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。
突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りて財源の確保などに努めるが、そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。
それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。
しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。
予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが……。
金欠に悩まされるリーダー・内蔵助を堤、ワーキングプアなそろばん侍・矢頭を岡村がそれぞれ関西弁で演じる。
2019年製作/125分/G/日本
配給:松竹

 

 

忠臣蔵を描いたコメディです。

f:id:librarian_kinu:20191215104957j:image
忠臣蔵といえば「主君の仇討ちを見事成し遂げた忠義者たち」という印象があります。
当時でも大きな話題となったことからもわかる通り、仇討ちは一大プロジェクト。
そうじゃなきゃ現代の私たちが知る由はないからね。
でもなにか忘れていませんか?
一大プロジェクトを成し遂げるには、先立つものが必要なんです。

  

清く正しいことを重んじる赤穂藩主・浅野内匠頭
賄賂まみれの吉良上野介のことがどうしても許せず、江戸城内で切りかかります。

殿はその言葉通り、賄賂漬けの老人に切りかかりました
場所もわきまえぬこの刃傷沙汰にお上はたいそうお怒りになりました
殿はその日のうちに切腹
赤穂藩はお取り潰しとなりました

お取り潰し=【 倒産 】です。
こうして赤穂藩士たちは強制的にリストラされ、路頭に迷うことになります。
この事態はまとめることになったのが、筆頭家老の大石内蔵助
幼なじみの勘定方、矢頭長助を抱きこんで策を練ります。

f:id:librarian_kinu:20191215104900j:image

目標は殿の弟を擁立してのお家再興。
なんてったって、自分はお金の使い方はからっきしダメだから。
ちくちく嫌味を言われながらも、財源を確保します。

20石(180万円)と1500石(6900万円)、
着てるもんから違いましたけどな

そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、
というか付け届けをする人選を間違えた感
お家再興の夢は絶たれてしまいます。
それでも一向に討ち入る気のなかったものの、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。
討ち入りするには予算が必要。
その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。

来年の3月までもちませんで
人が多すぎんねん
連れてくだけで破産ですわ 

店賃3月分浮くぜ
─ 食費も

予算内で仇討ちをするべく、奔走しますが…

 


ネタバレが怖いのでここまでで。
現代のお金に換算されていたこともあって、すごく分かりやすかったです。

江戸時代のそばは1杯16文
これを480円とすると1文は30円となります
この物語ではこのそばを基準に
現代のお金に置き換えることとします

お金に興味がある人(って言ったらかなりの人に響くだろ)はぜひ!

 

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

女性2人、思っていたより出番は少なかったけど凄かったです。

f:id:librarian_kinu:20191215104935j:image

旦那様お1人だけ割賦金を受け取らなかったとか
─ 皆、うちほど金持っとらんからな
ご立派や、しやけど
これは受け取ってもらいます
愛人への割賦金、1人あたり15両(180万円)
まさか江戸へと連れていきまへんよな
─ もう1つもらえるか?
また増えたんか?!

f:id:librarian_kinu:20191215104926j:image

他にはどのように遣うておる
─ よからぬところへは全て自腹で
あたりまえや!

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

・「江戸時代のそばは1杯16文
 これを480円とすると1文は30円となります
 この物語ではこのそばを基準に
 現代のお金に置き換えることとします」
 わかりにくいもんね
・「城の武具全て、売り払われておりますぞ」
・割賦金=退職金
 役方=経営担当
 番方=戦担当
・180万+1年分の給与→(篭城したら)27万
・「赤穂~江戸の旅費=87万円」
・「あの…私、帰ってもよろしいやんなあ」
・「9,491万円=お家再興予算」
・大野って誰だったの?
・「あいつは最初から過激派だからな」
・「夢の遊郭一軒貸切、1,500万円」
・「亡き浅野内匠頭の供養・仏事費、1,518万円」
・「それをうまいことやるのが筆頭家老の仕事ちゃいますのん?」
・「銭勘定のできない侍は
 何をさせてもでくbのぼう」
・「江戸の連中の説得費、1,200万円」
・こらバラすな
・「外から見えへんがな」
 「討ち入りしそうにないし、ご家老らしいし」
・「会費、12万円」
・「(男の子なら)早いとこお寺さんに預けて
 坊さんにしておいた方がええ」
・ピー音すごい
・「昼は遊郭、夜はおめかけ
 自分ばかりが楽しんどるんです」
・「29か…随分減ったのう」
 「スッキリしました」
・「討ち入りは…恥や」
・「あの笑顔が忘れられへん」
・「人は誰でも、1度は死にます。
 それが少し早いだけのこと」
・「残金1,698万円」
・お金ついて回る
・「えっ行くの?」
・「えらく安く済んだな」
・「1万3,140円、町内会費」
・「家賃14軒で3月まで、490万円」
・「江戸の皆さんで集まってたときの場所代です」
・「残金614万円」
・「深川八幡前、リハーサル」
 そっか本所だもんな
・「銅鑼×1、14万円」
・「赤い着物×全員分、414万円」
 全員分預かってたのか
・「あのーそれは、卑怯では?」
・「着込みなどいらんとちゃいます?
 我らもう命は捨ててまっせ」
・「では、全員分で!」
・「14日と言えば、月は違えどご命日」
・「あー目障りやわあ
 ほんま、人の金なんやと思うてんねん」